地上最強のブログ

しばいてくぞ

連鎖する #07

 

前回の記事から

 

A long time ago, I was in Burma. My friends and I were working for the local government. They were trying to buy the loyalty of tribal leaders by bribing them with precious stones. But their caravans were being raided in a forest north of Rangoon by a bandit. So we went looking for the stones. But in six months, we never met anyone who traded with him. One day I saw a child playing with a ruby the size of a tangerine. The bandit had been throwing them away. […] Well, because he thought it was good sport. Because some men aren't looking for anything logical, like money. They can't be bought, bullied, reasoned or negotiated with. Some men just want to watch the world burn.

(The Dark Knight)

 

例えばこんな所で明示的に、他の記事で半明示的非明示的にさんざん書いてきた問題、どいつもこいつも他人と同じことを喋り他人と同じことをしてくさり、右に倣えし同調し雷同し付和し全体し主義するという問題だが、これが常態になってくると、症状が昂進し、果てには、フツーが最良だ私はフツーですフツーになりたい等といった歪みに腐り切ったクズ価値()が到来する。

このブログの他の何を1文字も読まなくてもいいからこれだけは聞いて帰ってくれ:

人と同じことはするな。まわりと同じような者になろうとするな。人が喋ったことを喋るな。それは人類とお前をこの上なく腐らす病気だ、犯罪で国辱で反革命で疾患で違法だ。
「普通」に逃げるな。
安易に走るな。
安直に逃げるな。

 

そういえば特に現代日本の小説などがアホみたいに類型的な人間を描くもので、この人間(?)はカネになる事柄たちだけが最上最優先で金車女賭博家地位評判という加齢臭しつこい価値()の中にしか生きたことがなく生理欲求満たす単細胞生物でしかない所の、どこにでもいそうで実はどこにも存在しない観念物である。反対も居て、年中ラリってるお花畑満開人、そのモヤシ体維持に霞を食う生活の高き仙境に住んで俗事は何でも見下す故馬鹿の1つ覚えでテレビ初めサブカルチャーを必死に見下したり高級文化をことごとく崇めたてまつったりしつつ世界と恋人と自分を憂いて自殺もしたりするのだが、もちろん住所不定の観念物である。と書いた事のどれかに別に当てはまらなくてもいいから心当たり思い浮かんで大体のセンが掴めたらそれでいいのだが、とにかく言いたいのは、類型に当てはまる人間とは存在しない奇物であり、それこそ、書かれた物・想像(いやまさしく妄想)された物・観念の中にしか居ない物であるということである。今は、いかなる人も突き詰めればどこかは「変わって」て完全な普通人は完全な異常者であり「ヘン」「変わってる」というのは現代の穢多非人差別に過ぎず何らかの事実の認定なのではないという批判をしたいのではない。ここはそんなにキバらなくても100%自明なことなのでありむしろ変わってることを「肯定」しようとかそれもありとかいう程度の低い話をしてたらそれはフツー人常識人一般人という花柳界に尻尾ふることにしかなっていない。大過なくすごし誰とも摩擦なくみんなと仲良く楽しく平和にやれれてて波風立たず誰からも好かれ誘われる生き物が別にフツーだからそうなっているのではなくてそうなれるための特殊独特奇矯奇怪異常な傾向特性に因るところでそうなっているのであるという話などは放っといて、こんなアホのマヌケは便所に流しといて、いま肝要なのは、フツーというのは「みんな」と全く同様に観念の中にしか存在しないという事である。そしてこの異常物が正しくて理想的で世のカガミであるべき人士なのではなくて、全く逆に、理は、みんなと違うことをしている人にある、いやそこにしかない。他人と違うことに悩むというアホの中のアホがいるがこいつは正しいことをしながら悩んでいるアホである。他界せよ。おいコラおんどれええかこれを肝に銘じろ:悪は、「みんな」の側にある。当たり前すぎて確認するのもばかばかしいぐらいに。そして「みんな」というクズの総本山にして悪の枢軸を発生させる原動力が、埋蔵原油よりも豊富に有る燃料、すなわち、他人と同じことをしようとする腐り切った性根(ね)である。

ついでに、言いにくい言ってはいけない真実を言っておこう。言論というもの知的活動というもの議論というものが同業者を相手にするものであってきた。知的高水準人間は少数者側のお互い同士をしばき合ってきたのであり、その際にもどの際にも、いわゆるパンピーの一般人、市民だか人民だか農民だかいった人口の9億9千%を成すdie Masseには何の文句も無かった。パンピー俗衆には矛先を向けず寛恕認容を示すのみだった。むしろこの層を自分の側に付けようとの票集めに腐心するのみで、パンピーの絶対正当を疑うことはなかった。フツーこそ常識こそ健全な良心こそ無辜の民こそ一人前の大人こそ《立派な市民》こそ「働いてる」こそ「合法的」こそ最後の答えであり最初の目的であり人類の正しい在り方だった。勝手に、そう仮定前提されてきた。のであるが、いや、逆だよバカ。マチガっているのは、普通人のほうだろう。《何の罪もなく》(ヅラして)《世間様》に《立派に》《顔向け》できて(ヅラして)波風を立てずまわりと同じようにやってきて(ヅラして)うんぬんかんぬんといった宗教的信念(宗教とは言ってない、そんなに偉くはない)を墨守遵守して我こそ一般人なりと矜恃している阿呆の畜群ちゃんこそが、マチガった生き方だろう。罪もない?まわりと同じようにしていると、最高のファシスト国民になれて最高の構造的暴力加担者になれるだけだぞ。あたまダイジョーブか?罪もない奴など、立派に胸を張れる奴など、健全な人間など、(人間に)好ましい人間など、存在しない。好かれる人?体制(と自分)に好ましい人間と間違ってないか?それはしかも「都合のいい」の間違いだよバカ。

周りと同じことをするバカと言えば、知識界のユニフォーム量産型バカともいう問題があって、典型的には右左にこのバカがうじゃうじゃおる。こいつらは、何か1つの特徴を示すと他の類似特徴を芋づる式に示すという、呆れも果てに果てたバカの中のアホである。例えば、ガス室が無かった論があれば、これはこういう話としてそれだけで聞いておいて一定の興味を持っておけばそれでいいだけなのにガス室無かった論に共鳴したら、同時に必ず、南京なかった論者で・零戦万歳論者で・靖国万々歳人で・日の代君が丸人で・反共反リベラル反韓反物質で・大躍進揶揄大好き人で・旧東側全否定人で・等々々々でなければならないという、そういうアホの中のアホが、いつも必ずどこにでも、ゴミのように湧く。むしろゴミ自体である。自治体が片付けろ。これが、本場の米国でなら、例えば銃大好きなら同時に必ず人種大好きで白豪大好きで篤いキリスト者で性関係規制論者で禁止論者で保守層で反移民人で反同性愛人で・等々々々なければならない、といったところだろう(知らん)。銃と同性愛、収容所と神国国体に何の関係があるのかという話だが、こやつらの中では、有るのである。こやつらには、すべてがつながっていないと気が済まないのである。

世界には色んなプロパティがあってどんなアイテムも選り取り見取りで自分の好きな自分を好きなように設計したらいいのであるが、いいのであるが!!!、そうしない。アホなのか?池沼なのか?およそ論なり知なり趣味なりというのは、テキトーに取ったらいい一品に過ぎず消耗品に過ぎず飽きたら捨てたらいいウンコに過ぎない(人生もな)。さよう人類蛮行史を読み眉顰めつつリベラルでも平和論者9条署名者でもないというのでもいいだろう。天皇の歴史は面白がるが天皇制はお断りと言っても特におかしくない。あらゆる米国文化がきしょいとしか思えないがビルボードヒットチャートは余念なくチェックしてるかもしれない。数々の先住民少数民言語に興味があるがジャングルに行きたくはないかも知れない。旅行は行くが旅行は大嫌いでも全然おかしくない。数理がからっきし駄目で学ぶ気もないのに科学談義が大好物であってもいい。仕事が嫌いだが労働行為という生体行動には関心多大なのであってもおかしくない。テレビアニメディズニー関係全否定だが日本の映画アニメ関心大でもいい。あらゆるDIYに興味がないもののPCは自作以外認めないなど大いに可。全てのスポーツに存在してもらわくていいが何故かバレーボールだけは観戦するというのもありうる。自分はなんぼでも悪食するが菜食論者に全面賛成であっても何もおかしくない。これらは1秒だけ考えて1秒で書いただけの、内容はどうでもいいただの例に過ぎないから、内容はどうでもいい。具体的にどんな色んなプロパティを思い付くかは、各自で思い付いてくれ。

何を好くか何を否定するか何を喋るか何をするかどんな風に生きるかは、そこらへんに転がってる選択肢からテキトーに選んだらいいのであって、自分が選んだそのそれにまつわってくる・ついてくる・関係してくる諸々に芋づる式に付き合ったることはせんでええ。周りと・他人と・「みんな」と同じことさえしないなら、別に何でもええのである。思考ほど自由なものも無いというのに、芋づるバカどもは何をしとるんだバカと言うものである。

選んでレインボー

選んでレインボー

  • AKB48
  • 発売日: 2013/12/11
  • メディア: MP3 ダウンロード

 

考えることまで他人と同じになるというバカ、こいつに関しては言うことがまだ5万個ほど有るが不図テキトーに思いついた話をしておこう。よく、ヒトの歴史の大部分が現代のような生活ではなかった、農耕とデンプン食が始まったのが1億年ぐらい狩猟採集生活した上でのことでつい昨日のことだ、などと言うが、だからどうしたというのだろうか?こんな事を根拠にして人類の行動形態や食性を説明しようとすぐにしたがる手合いがあって、そいつに関してはそれなりのことを言えてるのかも知れずそれでまあいいとしても、こんな話を聞いて成程そうであるのかとボっっケーっと受け取って瞬時も自分のアタマで考えないオツム弱い読者には、大いに問題がある。或る生物種が送ってきた歴史の長さからその生物種の一体何を説明できると言うのだろうか。それは、その生物種にとっての長さ(狩猟採集荒野原始生活)もだし、そもそもの長さもそうであって、ゴキブリが80億年前から生きているからと言ってそれがゴキブリの何を説明していると言うのだろうか。何を説明していると言うのだろうか、それを、お前は考えたのか?よしんばこんな物理的時間量が生体生理に有意な相関関係を示すこともあるだろうないだろうあるだろう。それはいいとして、で、それは、お前が考えたことなのか?お前は、何を、してた?てめえのオツムをつこてたんか?

人が言ったら同調するんか?他人がやる通りにやるんか?「みんな」がそんなに正しいんか?なぜそんなに前の奴のコメントを繰り返すんだボケ。

それは本当にそうなのか?1秒でもいい、お前は立ち止まらなかったのか?おかしいことに気付かなかったのか?いや、何もおかしいものが見つからなかったとしても別にええ。ただ、自分自身が何もしてないのなら、なんもよくない。