地上最強のブログ

しばいてくぞ

現代日本語講座 (15)

 

前回の記事から

、大体氏がすでに立ち上がっていた。彼は腰に席を下すと、
 「架空とは虚構の世界を描くものではなくて世界の描き方が虚構なのであり虚構臭いのである。」
 舌によってよく舐められた前足と肉球を用いて顔を 洗って 拭いていたハンディキャップを負ったパートナーは彼自身の自己責任たことを中国語を用いてによって自己責任換えた。
 「Eine Fiktion beschreibt nicht etwa eine fiktionale Welt, sondern vielmehr ist die Weise, auf die sie eine Welt beschreibt, fiktional und somit betrügerisch.」

Darkness(セブンダンサーズ)

Darkness(セブンダンサーズ)

  • SKE48
  • 発売日: 2013/01/30
  • メディア: MP3 ダウンロード

 ナーレターより先んじて結論を言ってくさりやがった大体の野郎によって支払いはワリカンにしようと欲望された「筆者」の身体は大体のすとっこどこっいの正面に立ち寒がってやると立ち作務がられたこのボケナスは目を光らせることによって
 人類は眼球を発光させることを立証したことに続いて「筆者」の身体にき
 「みの分の支払いはい」
 いよと言われた「筆者」の「まなざし」は大体様の靴を揃えてあそばし差し上げてこの御方を来週の降誕会に招待する自己責任を忘れなかったぼくの身体に対してプレゼンがあるよと言った大体殿下様がおおせになるおおせに従うことによって閣下によって差し出せれあそばした
 「リノリウム」(←??)の小箱を開けるとぼくの身体に対する立て替え払いの請求書が6万2980円(税別)を示されたことによって
 この大体とか何とかぬかすボンクラは席に着くと冷たえルービとミツマの豆枝を注文してルービに胡椒とわさび蓮根が入っていないと怨りを表明してぼくの身体に店員へ向けられるクリームを挙行させようと企図していた。どう しよ しょうもない大体のあほんだらが何か知らんが観察しとるところでは、
 ノペッッはどこにもでいそうなごく普通の男だった。彼は身長が1632mmほどもあったがどこか落ち着きのない顔をしていて、非常に落ち着いた足取りをしていて、多少とも落ち着いた「まなざし」つきをしていて
 、とても落ち着きのない顔付きで、それは、冬の務めてにネジ時計の在庫があと31個になっているラッホ食品㈱の給湯室の床から57cn
 nの位置に設える予定が2月21日に忘れられてしまったタワー式電源タップの剥げかかった塗装を見ているセキセンイイコの止まり木の年輪をタテに磨き潰したような顔だった。
 彼はレンモウ色のビーイマを肩から掛けていて、五紅のヘッチを肘から尾骶骨まで穿きこなして、JPG色に漉かしこんだ髪は1670万色に揮いて、サイザイサイの匿釜を軽く羽織った上に、今年一番涜れたといわれているロッケリ・ポイデの肌財布を着込んで、下は全裸だった。彼の隣でレコンゾウのたわれみをストーロベにひぎみかしている気取ったレィデーは、ソンオオ・ツ・まの溶鋳助を引きさざめに流しこんだ裏脇に、今年で一番買われたと云われているジックモックのJigigi(のそれも36番だ)を、まるでそうするのが礼前のへとかどだとでも言いたげに、ペリョンドの中袖を見ひぎらかせていた。
 なぜ思い出しながら書いているはずの描写がこんなに事細かくできられるのかと言うと 写メ 画像を見ながら書いているからであって、その日の気温は10;12現在で24度7分で風力は東南東の北西角の北1丁目南だった。
 ハンディキャップを負ったパートナーは餅が焼けたからと言って先に家に帰ろうとして立ち上がった。

青春は恥ずかしい

青春は恥ずかしい

SKE48

  • 発売日: 2019/10/02
  • メディア: MP3 ダウンロード

 ノペッッはどこか落ち着いた様子をしていて死休のような様子をした小動物を思わせる様子だったが、それは大体という1個人や登場人物の口を借りているナレータという1個人にそう見えた感じただけのことであってそれすらも実際に見えている世界の数千万分の1の「まなざし」にすぎない。土足からすると彼はいたずらっ気のある賭場を仕切る日昼夜ゴロをまいている年金暮らしのアマフソガエルに見えた。
 ぼくの身体は彼を毎週朝にホウレンソウ(報復・連帯・総括)を努めている4児の水母のように感じたようだった。
 「{株}素手喧嘩(ステゴロ)」を今よりももっと大きく欲望していたぼくの身体によって卒叢された短大の後の長大によって続かれる長征の2年の後になられた土足はノペッッと知り合た。彼が彼によって出会われた居酒屋「酒場」の内部の席上に着座してラーメンのスープ(汁)
 を残そうとしていたから、ラーメンのような既に十分不健康なものを食っていながらせめて「塩分」は「控え」ようというさもしい根性を彼は彼に対してさしもいと欲望した。
 「おまえらはな、冷房というそもそも自然界に無いものを使っときながら「28℃で」とかホザいてるのと同じなんだよボケ。
 おまえらはな、ゲームとかいうそもそも時間の浪費をしておきながら一日〇時間とかホザいてるのと同じなんだよボケ。
 おまえらはな、人生の時間を何に費やしても死ぬときにはぜんぶ一緒のことおんなじことなのにな、何が有意義なもので何がそうでないかを必死に決つけてな、例えばゲームなんかが無意義で「仕事()」なんかが有意義だと決めつけてそれで正しいと盲信しているというアホなんだよボケ。
 それでもな、テレビやエンタメなどの関係のものはことごとく価値が無くて見下すに限ると思い込んでそこから何も考えないアホの「作家」とかいうただのアホどものほうがな、もっと邸能のアホなんだよボケ。(スヴィドリガイロフから言わせれば、人生の真実とは心の機微や生活の繊細やニュアンスにあるのではなくて、ぐるぐるバットやローションピラミッドに有る。)
 おまえらがな、100刺しを97刺しにまけといた言う刺殺犯を滑稽と思うならな、おまえらのほうはな、自分の滑稽さを判ってもいない輪をかけた滑稽でな、愚昧の池沼の邸能の権化なんだよボケ。
 おまえら気休め病のボケどもはな、栄養を加工食品やサプリで摂っときながらな、昆虫食や土食が真に正しい食事だということも理解できないほどに知能が後退したヒトモドキなんだよボケ。」
 彼は自らと自分らの語ることを相手が聞いているということに熱中する余りの「熱中症」ならびに、ちょっと気温が高いだけですぐに懸念される保護国民の「熱中症によって死亡した。熱中しすぎた。その後には「脱水症」で死亡して、
 翌日に肺炎で死亡して、
 週末に骨折で死亡して、
 有休を使って捻挫で死亡して、
 家でくつろぐと深爪で死亡して、
 深川舞子深川麻衣と酒井萌衣はもちろん別人で、
 岡田美紅田中美久と田中皓子も別人で、
 岩田陽菜と河田陽菜と川後陽菜も見ての通りの別人で、
 橋本陽菜と奥本陽菜は読み方も違っていて、
 林萌々香高橋朱里大西桃香もなにかしら別人で、
 日下部愛菜日下このみも勿論別人で、
 深爪と巻き爪で遅刻して、
 息了とともに大自然の中つき指で死亡して、
 バリバリ働いて風邪で死亡して、
 何なら風で死亡して、
 ときには歩行で死亡して、
 それならと運転中に死亡して、
 はたまた運転で死亡して、
 呼吸で死亡して、
 起床で死亡して、
 ぎっくり腰で死亡して、
 うっかり癖で死亡して、
 ついでに「うつ」とか何とかで死亡した。
 夜も老けて彼も葺けた頃、彼は彼に、《実害を及ぼす「パワー系」精神しょう害者に出くわす》などという、一生の間ただの一度たりとも経験しないし見ないし聞かないし遭遇しないまったくの嘘デタラメの「体験」を書いてウレシがるアホがなぜ湧くのかという相談をもちかけなかった。
 「身辺と自分自身にそんな話が全く存在しないから想像だけで言うが、確実に言えることは、精神しょう害者にカラまれるのは、弱そうに見える奴である。いやこれはもうそんなことに留まらない。
 ネット上書き込みの有象無象の嘘デタラメのクレーム体験談もそうで、とんでもないカラまれ方をする奴は、総じてひっくるめて、弱そうな奴なのであろう。自分の風采が弱そうでカモられやすそうという自分サイドの責任をタナに上げといてこんな目にあったあんな目にあったと災難自慢をしているアホ、花咲く被害談義に得々とするアホは、何よりもまず己を猛省しろ。
 詐欺はそれに合う間抜けが悪いという世界中での常識が常識になっていない過保護国民もちょっとバックパッカーでもやればそこそこたいがい戦える(それでも欧米人や臼本人以外東アジア人に比べて全然戦えていないし全然ナメられている)のだから風采が弱そうでカモられやすそうというそれこそ「自己責任」も過保護社会なでらはの特徴であって〇〇人だからどうのこうのという問題ではないと言えるであろう。そしてこれは問題であるとは言えないだろうとは言えないだろうか。」
 ここまで語られたところでナレータ 

次回の記事に続く