地上最強のブログ

しばいてくぞ

現代日本語講座 (14)

もうすぐ?ザンビ伝説?

もうすぐ~ザンビ伝説~

  • 乃木坂46
  • 発売日: 2019/04/17
  • メディア: MP3 ダウンロード

 

前回の記事から

ノポリを欲望してぼくの身体を参人させただいた6人で「(殊)素手喧嘩(ステゴロ)」を今後からもっと大きくしようと語られ合っていた「筆者」たちの身体たちは50倍にして10kgになったカレーを8人でたらいげたハンディキャップを負ったパートナーは甘りの辛さをほぐすために
 溶けた天然ゴムを口の中に硫し込むと、サトウキビ、鉄、スズ、銅、チタンイエロー、ニッケル、小麦、麦破、トコロウモシ、油、ニッケル、石油、チーター、綿、木綿、鉄綿、花綿、綿花、種綿、種痘、もめん、ごめんね、スムージー、絹ごし、ニッケル、天然ヤシ、天然痘、ヒマワリ、骨、生糸、香辛料、ニッケルは「過剰」である。
 「食べ物を食べる以外に使うのには抵抗「の過剰」がある。
 卵を投げてぶつけるのは、《何かがちがう》ような気がする。
 生きるのに必要でもない大食いは、《何かがちがう》「の過剰」が有る。
 蒟にゃくや茄すやキャノーラ油や洗面器や屋根瓦やメンソレータムをちがうことに使うのは、《何かがちがう》ような気がする。しかしならが、
 こういったことは、「物質」という次元にまで観点を還元してみて見て言っていえば、「気がする」というだけ「の過剰」に過ぎない。
 「せっかく」作った食べ物が何トン何億トンとどのようなことに使われたとしても、同じことである。すべて「もったいない」は気分の問題にすぎない
 。大豆が燃料に使われようと、弁当が廃棄されようと、プレゼンした服が肥やしにされようと、書籍を夕食に使われようと、チャンネルをリモコンに使われようと、飲料水を風呂湯に使われようと、牛乳や人乳を風呂湯に使われようと、チェーンソーで神は死んだ。地
 球上で何がどれだけ「もったいない」ことに自己責任られようと、どれだけの生き物が殺されてはまた生まれてとしようと、それらはすべて、
 物質の位置が入れ替わったというだけ「の過剰」に過ぎない。」
 当時、「㈱素手喧嘩(ステゴロ)」が可動されていた間の間にぼくたちの身体たちは活版印刷を発明して「(蕪)河童印刷」が設粒されて駅前のコウモリ畑や駅後の喫茶店に入店して今後のことを語らい合うという無駄以外の何物でもないクソ会話に自己責任た。
 「世の中には本当にめんどくさいヤツがいる。

  • まわりと同じことをすることを拒否して「みんな」が隷従するテンプレを ぶっ 壊そうとする人を封殺しようしてくる実に「メンドくさい」ヤツ。
  • 間違っていることを間違っていると言える人をケムタたがるという何とも「めんどくさい」ヤツ。
  • グイグイ来れる人・前に出てくる人を面倒くさがるという呆れた「めんどくさい」やつ。
  • 驚かそうとして用意している無邪気な仕儀をただただシンドがってくるというシンダほうがよさそうな「メンド臭い」やつ。
  • 溜め込んでることや沢山の言いたいことを一度に吐き出す人をただただ嫌がるというそれはそれは「面倒くさい」ヤツ。
  • 現状を変えようとする動きがあったら脊髄反射で反対して来るいかにも「面倒臭い」奴。
  • 好みをハッキリさせれてグイグイ引っ張ろうとする人に抵抗しか覚えないというクソ「面倒クサイ」やつ。
  • 他人と世間に対して自分の意見や指針を明確判明にばちばち喋れれて活躍すらできるという人をけなすしかノウがない心底「メンドクサイ」奴。
  • 自分の考えで行動する人にすぐ「めんどくさい」レッテルを貼るしかノウがない低能ヒトモドキの「めんどクサイ」やつ。
  • おかしいと思うことを敏感に察知してそれをキッパリと口にできて、色んな可能性を模索していくというような人をうっとしがるという人間のクズ未満の「面倒臭い」ヤツ。
  • 他人ト違ウ・ミンナト違ウことを1ミリでもした瞬間に「めんどくさい」攻撃を死に物狂いで繰り出してくるという心の底からメンドクサイ奴。」
  • 相手が「めんどくさいやつ」なのかどうかを必死になって気にしているめんどくさいやつ。

 小麦粉色に灼けた肌をしたカラス麦色の大根を頬に張った全然がまだ肌理ていない荷物を持とうと言い姜人局てもらえないと飯ながら席を離れた大体が席から離れない前から画巣の元の栓を閉め忘れた気瓦斯る「筆者」の身体たち7人はガスの元栓を7年も閉め忘れているハンディキャップを負ったパートナーによって閉めるのを忘れているのか閉め忘れていることをも忘れているのかを「忘れられない」ことの10割が大した内容ではない
 。
 ぼくの身体たちの支払いのために立ち上がり支払いのためにレジに進み支払いのために所持していた「過剰」から末端価格650円のコー匕ー代を償却した大体は、だった。
 「全然の身体によって半分まで読まれたが実際は「引用」する分だけしか存在しない小説中の架空書籍から引用するというこの世で最もクソサブくてみっともなくてアホ丸出しで読者には迷惑なだけの引用をすることによってもまた現代日本語の
 手本にならななければなるだろうと予想される982ページが開かれられている。

 

白線の内側で

白線の内側で

  • HKT48
  • 発売日: 2017/02/15
  • メディア: MP3 ダウンロード

 

「「第2節 「移轍見参」」

なぜガスの元栓を閉め忘れるのかというと、それは移轍によるものである。なぜ銀河系が7個しか無いのかというと、それは移轍である。イルカ漁の動画が無いのは、移轍のせいである。九官鳥が間接話法で話していることになるのかどうかは、単衣に移轍に係っている。移
 轍とは次のようなもののようなものである。
 カント「万物の終焉〔Das Ende aller Dinge〕」(1794)の冒頭文

Es ist ein, vornehmlich in der frommen Sprache, üblicher Ausdruck, einen sterbenden Menschen sprechen zu lassen: er gehe aus der Zeit in die Ewigkeit.

この文は、

  1. Wenn mann einen sterbenden Menschen sprechen lässt: er gehe aus der Zeit in die Ewigkeit.
  2. Es ist ein, vornehmlich in der frommen Sprache, üblicher Ausdruck: er gehe aus der Zeit in die Ewigkeit.

という2つの文が「バチッと短絡(Kurzschluss)」(

関口ドイツ文法

関口ドイツ文法

  • 作者: 牧野紀之
  • 出版社/メーカー: 未知谷
  • 発売日: 2013/06/21
  •  
  • の233頁。

)して1文になっているものである。ま
 た、次のようなもののようなものである。
 ヘーゲル『大論理学〔Wissenschaft der Logik〕』の中の
「第一編 客観的論理学〔Erster Teil. Die objektive Logik〕」の中の
「第一巻 存在論〔Erstes Buch: Die Lehre vom Sein〕」の中の
「第一部 規定性(質)〔Erster Abschnitt: Bestimmtheit (Qualität)〕」の中の
「第二章 定在〔Zweites Kapitel: Das Dasein〕」の中の
「B 有限性〔B. Die Endlichkeit〕」の中の
「(c)有限性〔c. Die Endlichkeit〕」の冒頭部分

[…] seine Qualität ist seine Grenze, mit welcher behaftet es zunächst affirmatives, ruhiges Dasein bleibt.

この文は、

  1. Seine Qualität ist seine Grenze, mit welcher es[sic.Etwas] behaftet ist.
  2. Und damit bleibt es zunächst affirmatives, ruhiges Dasein.

という2つの文が「バチッと短絡」して1文になっているものである。

」」」
 そう言って勃ち上がりかけたハンディキャップを負ったパートナーが目と視線と「まなざし」を上げると

次回の記事に続く