地上最強のブログ

しばいてくぞ

接続法ゆうのは接続しとるから接続やねん (2)

 

前回の記事から

La Brea Ave.

La Brea Ave.

前田敦子

  • 発売日: 2017/01/25
  • メディア: MP3 ダウンロード

ここここなど色々書いたが、結局、声質(というか歌声質)の好みを言うと、
ダントツで前田敦子河西智美西野七瀬≧≧他の方たち
ということになる。

 

本題だが、

Ich würde Sie besucht haben.〔232頁〕

Du solltest abbitten.〔232頁〕

Das täte ich nicht.〔234頁〕

Wäre das möglich?〔234頁〕

Ich irrte mich?〔235頁〕

こういったものも、結局は

  • [Ich würde Sie besucht haben, wenn ich es nur können hätte.]
  • [Du solltest abbitten, wenn du die Wichtigkeit eines Abbittens bei solcher Lage nur kapieren würdest.]
  • [Das täte ich nicht, wie nötigend man mich auch immer dazu zwänge.]
  • [Wäre das noch immer möglich, ob es einmal gleich zutage käme, dass es bestimmt unmöglich wäre?]
  • [Ich irrte mich, würfe jemand es mir doch vor?]

といった接続先を考えることが出来る。述べている事柄は現実には起きていないから、「非現実」である。

そして、いかにも「接続」や「非現実」からは解しきれない用法である「外交話法」(235頁)でもそうだ。これはそもそも間接話法だと解したらいいことだろう。

memory

memory

  • 発売日: 2014/09/17
  • メディア: MP3 ダウンロード

Es wäre schon Zeit, schlafen zu gehen.

Du hättest dich geirrt.

というのは、[Ich gäbe euch die Erklärung ab, dass es …… wäre.][Man dürfte wohl's merken, dass du …… hättest.]ということでいいだろう。足した接続先のさらな接続先も考えないかんことになるがな。

この外交話法というのは発見というもので、236頁に、直説法に引っくり返すことが出来ないから「非現実」用法なのではないぞと述べている。つまり

Ich wäre Ihnen sehr dankbar, wenn ich eine Antwort erwarten dürfte.

というのは

Ich bin Ihnen nicht sehr dankbar, weil ich keine Antwort erwarten darf.

が裏面にあるわけではない、こっちに引っくり返すことは出来ないのである。

これは聞いておきたい知見だ。接続法第II式の理解が進展することだろう。しかし、とはいいながらも、こういった文も無理やり非現実に見立てることもできなくもないものではある:[Wenn ich allenfalls, wie unwahrscheinlich auch es sein mag, eine Antwort von Ihnen nicht erwarten darf, ist es nicht gerade unmöglich, dass ich Ihnen nicht sehr dankbar bin.]つまり、すんごく弱くはやはり非現実。すんごく弱くは、否定に引っくり返る。結局接続法第II式を使っている以上はこういうことを言っている。結局現実事実から一歩離れてはいる。

いずれにせよ、この本を読む(ってか読め)初学者には難所だったに違いない「確認及び安堵を表す外交話法」(237頁)も、接続先のある接続法の文のようだ。つまり、

Da säßen wir endlich bei einer Tasse Tee.

というのには、[, so wollen wir nun feststellen.]という接続先をくっつけておこう。

次回の記事に続く