地上最強のブログ

しばいてくぞ

現代日本語講座 (17)

 

前回の記事から

aようだった全然と鉢合わせた待ち合わせの具合わせない広場に急いでいなかったことはなかった。全
 然によってコディアックヒグマの「ポンポン」とアラスカヒグマの「ポンポン」とおっさんの「ポンポン」に対して行われていた複頭飼いに対する大体氏自身によって行われた公表による「筆者」の身体への「筆者」の身体によって行われる響影の証明行われる幼い馴染の「ポンポン」によって適切に処理されるだろう、「過剰」だった。
 「いいニュースと悪いニュースがあるけど、どっちから聞きたい?」
 「うるさいボケ」
 「筆者」たちの身体たちによって上場の予定自己責任られていた「(株)素手喧嘩(ステゴロ)」の殊価の昇指数へと対するための全然の「まなざし」のますます増大する不安によって購入へと漕ぎ着けたノペッッへのますます増大するいくつかの憂慮をめぐるいくつかのやり取りの中でいくつかの「まなざし」によって欲望されたいくつかの大体案、「まなざし」の「過剰」だった。
 ノペッッの身体によって行われたいくつかの9万6386人目の力゛ールフレン卜゛とのズッコンバッコンの翌日における3年前の自己責任、ハンディキャップを負ったパートナーによって自己責任を負われさせられた土足は、「(殊)素手喧嘩(ステゴロ)」を含む駅前ビルを含む駅前を含む駅周辺を含む+a市を含むホーホーホ県の+a市の駅周辺の駅前の駅前ビルの899Ϝのカフェロッテリアに座って新聞を読んでいなかった。
 「あれは4年3ヵ月13日8時間09分02秒前(どうです正確に覚えているでしょう。実際はこんなに覚えているわけ
 なくて、それに「4年」というのもゆうたら間違っているのですが(そして「4年」前にそのこと有ったこともまあゆうたら創作記憶かも知れないのですが)それすらも意識せず、はたまた意識していないことすらも意識せずひょいひょい記憶を創作するのである。
 そしてその創作にすら無意識である。)を含む4年3ヵ月13日8時間09分03秒前のある晴れた日のことです。天気のことなぞ覚えているわけないのです全体の雰囲気から勝手に天気を記憶捏造するとしましょう。あの日は朝

ヒグラシノコイ

ヒグラシノコイ

  • AKB48
  • 発売日: 2014/04/01
  • メディア: MP3 ダウンロード

 から(午後からだったかもしれません)嫌な予感していました。なぜ、ずっと昔の或る時にした「イヤな予感」を、昨日の自分の感覚でも思い出すこと不可能なのになぜ”記憶”(だとして)しているのかというと、それは、いやな
 ことあったのだから、それは「いやな予感」ももちろん有ったのだろう、と後知恵バイアスで勝手に記憶捏造するからです。
 もちろんどんな予感有ったのか無かったのかなど記憶できる生物はいません。あの日私は、金縛りにあって、昼でも暗い、つまり83.4879ルクスしかない「裏山」(??)の中にある、
 昼なのに寒い(−34℃)神社の境内にある「廃屋」の、古井戸の中の、変死体の「守護霊」と保護霊と悪い霊と良()い霊と旨い霊とちょいワル霊に付きまとわれて、金縛りにあって、お祓いするために廃病院に運ばれて、エレベーターで凶悪犯と会って、エレベーータを降りたら赤い幽霊が9兆リットルの血を噴き出して、
 霊から着信があって、金縛りにあって、霊トンネルで声を聞いて、金縛りにあって、霊が写真に写って霊が写真を写して、霊チューバーとコラボして、霊を塩漬けにして、金縛りにあって、霊にマヨネーズをかけて、風〇俗の霊コース(サンキュー価格)に通って、金縛りにあって、取引先の霊にお世話になって、取引中の霊が下世話になって、霊専用のコドンームとペッカリーを開発して、
 家に帰ると、金縛りにあって、盛り塩をして、盛り乳もして、金縛りにあって、盛り粗塩をして、盛り岩塩をして、盛り顔精をして、盛り場で盗りに盆って、車と家と職場と自室と病院とお寺とマンションとアパートとホテルのガラス窓に掌の跡が7800万個付いて、金縛りにあって、ガラスが全部割れて、赤い女と寒い女と丸い女と髪の長い女と髪の無い女をチェーンソーで婚約して、
 223人の親族がトラックに挽き逃げされて、金縛りにあって、800000000人の恋人と180億人の友達がM249(5.56mm)で轢かれて、
 人類が絶滅する夢を見て、金縛りにあって、起きたら人類が絶滅してて、教会でお祓いして、金縛りにあって、神社で結婚式して、金縛りにあって、お寺で幽霊の姿焼きをふるまって、金縛りにあって、
 筐体離脱をして金縛りのローン縛りにあって背筋が広くなって金縛りにあって1日9000回「号泣」して布団を頭からかぶったら足を引っ張られてチェーンソーで流し素麺だった。
 もちろんクズ掲示板とクズ映画とクズ番組とクズ書籍で見た話から記憶捏造したもの(ですらない創作した記憶)です。」
 「筆者」の身体たちによって開催されるトーナトメンSVTEGOROが欲望される13年前に欲望される大会の日の夕方の前の後の前の後の前の後、狩った獲物の頭蓋骨をクリーニングしていたハンディキャップを負ったパートナーに対する「筆者」の身体自身によるいくつかの、言った。大体土足君にそう言ったとき、彼は、自分のその時の様相や雰囲気や表情や容貌や言葉の内容やその内容への信念や或いは彼に関する知識などから彼が【やや怒っている】と周囲が判断したと判断して自分の内的状態が【やや怒っている】であると決定してそうして彼は自分が【やや怒っている】ものとしてふるまった。以上のことを彼自身と彼の周囲自身はまったく意識していず理解していない。
 「「ノペッッは全然にそう言ったとき、かれ女は、
 自分のその時の外見特徴や言葉の内容やその内容への共有信念や或いはかれ女に関するこれまでの周囲の判断の集積などからかれ女が【悩んでいる】と周囲が構成した
 ということから自分の内的状態が【悩んでいる】であると構成してしまって
 そうしてかれ女は自分が【悩んでいる】ものとしてふるまい、
 その振る舞いによって構成の根拠を強化された周囲がますますかれ女が【悩んでいる】であるという構成をますます強化して
 且つその強化をかれ女は無意識に知覚して、
 こういったフィードバックを繰り返して、
 やがてかれ女は自分の内的状態が【悩んでいる】であるということを命題として言表するにまで至る。
 以上のことを彼自身とかれ女自身と彼たちの周囲自身はまったく意識していず理解していないし、実際に彼たちの内的状態が【やや怒っている】だったりかれ女の内的状態が【悩んでいる】だったり実際にするという保証はどこにも無い。
 ハンディキャップを負ったパートナーは「筆者」の身体にそう言ったとき、「筆者」の身体は、
 自分のその時の様相や雰囲気や表情や容貌や言葉の内容やその内容への信念や或いはぼくの身体に関するぼくの身体とぼくの身体の周囲の連中自身の知識などからぼくの身体が【キゲンが悪い】と周囲が判断した
 ということを看取して自分の内的状態が【絶望して自己自身である】であると決定してしまって
 そうしてぼくの身体自分が【射晴しそうである】ものとしてふるまった。
 こういったフィードバックを繰り返して、大体は【とても短期である】という烙印を押された。」

ラッパ練習中

ラッパ練習中

  • 渡辺 麻友
  • 発売日: 2014/04/01
  • メディア: MP3 ダウンロード

 このような感情の(それこそまさに)「メカニズム」をひとかけらも知らないアホが「性格()」などという迷信をふりかざしながら現代人の服を着て歩いている列島では、今日も穴居原始人たちの類人猿なみの迷信がたいへんお盛んで、例えば「号室」に「4」と「9」を付けないようにするなどという、いやはや爬虫類脳をも下回るであろうレベルの低能迷信、こんなものがはこびっているのである。」」
 7年前の秋に大体は右手小指を骨折して入院することの後に医師によってから右手小指を骨折しやすい「体質」だと告られた或る日の晴れた夕餉、大体にハウィロンのチョコをプレゼンしてくれた全然は大体にチョコをプレゼンしたいという「本能」を親から「遺伝」していた。土足は年収が62歳のときに334万円になるという「体質」を「遺伝」する「家系」に生まれて育って、17αアルキレート大学に24歳のときに合格したのは17αアルキレート大学に24歳のときに合格するという「体質」だ
 ったからだ。ハンディキャップを負ったパートナーはダダッイッ水産に就職する「体質」だったから帽子を年8回かぶるという「体質」のぼくの身体とSVTEGOROに出場して、左手に時計をはめていたのは「体質」だった。
 土足は28歳のとき、「体質」の導きによって神と出会い、彼と出会う「体質」だった大体は体質愛(amor stultitiae)を開発した。彼に目が2つあったのは、「体質」である。木曜にB5でコピーする「体質」だった彼は、ハンディキャップを負ったパートナーを片足タックルから寝技に持ち込んだ。
 ダダッイッ水産の就職が決まったぼくの身体によるダダッイッ水産への内定を送り申す土足はレコの蟒黽とレアなホッデンンと場と弁(わきまたう)を連れてノペッッをSVTEGOROの決勝に引っぱり出すことに成功することが出来むしろ押し出したような気もす

次回の記事に続く