地上最強のブログ

しばいてくぞ

私の読書歴⑧~『若きウィリアムテルの悩み』『呪いの葡萄』『ジャングル大帝(アフリカゾウ)』『リボンの武士』『見えるものが見えないもの』『人型の家』『ゴドーを食べながら』『プリキュアの太鼓』『畜生門』『藪の中で』『怪獣紳士』~

 

前回の記事から

  • 色ンナ人ガイマスカラ云々などという内容の全く無い挨拶文句など、しゃべらんほうがマシだ。そうだ、本人にしかワカラない価値かn … というほどリッパなものでは到底ない単なる執着心でもって物を懸命に「大事」にしているという話、本当の本当を言えば、バカな奴だなと思って聞いていない者など居ないだろう。

    ※個人の感想です。

  • そう、他人のことなら、そう冷静に考えれもする(そんな冷たいことは言わないよなどと取り繕わんでいい)。が、自分のことなら、冷静に突き放しては考えれない。他人から見たらしょうもないものに、執着しているだろう。他人の意味不明固執には呆れれても、翻って自分となると、反省力が消える。社会集団単位の自分と他人においても、こういった構造だ。

    ※個人の感想です。

    過去記事でさんざん書いてきた(この記事なりこの記事なりこの記事なり)ように宗教やカルトを嗤う一般人こそ宗教じみてカルトじみた狂人の認知構造をしているのだが、こいつらの「まとも」と「異常」の区別もそんなもんだ。自分たちこそ、自分たちの好む異常者の描写に適合するぐらい適合した異常認知エラーに取り憑かれている。例えばだが、昔懐かしブルセラというのがあった。うむ、眉をひそめたくなる異常な趣味だ。なぜこんなものが成り立つのだろうか、理解に苦しむよな。

    ※個人の感想です。

    しかしそれも、本書を読めばたやすく理解できる。そこにあるのは、本書で言う《殺人鬼のカーディガン》と同根の感情である。方向が反対なだけ、しかし同根。つまり、ただの着衣に、ただたんなる、霊長類の何らかの個体が着用した(という設定の)というだけの物体に、時に忌むべき本質が宿ったり、時に愛しき本質が宿ったりするのである。ただの物体、ただの繊維の集合、ただの植物死体、ただの石油加工物にだ。ただのぬいぐるみにだ。ただの寝具にだ。ただの印刷紙にだ。ただの署名にだ。ただの居室にだ。ただの用具にだ。ただの通貨にだ。

    ※個人の感想です。

    そうだろうが、ただのクルマに、ただのクラブに、ただのアクセサリーに、ただの履物に、ただの刃物に、ただの液体に、ただの筆記具に、ただの帳面に、ただの排煙葉に、その容器に、ただの使うだけの道具に、いや使えもしないグッズにお守りにジンクスに、トロフィーに、賞状に、得体の知れないナニカ本質を見て感じて大事にしているのだろうが。
    なんと異常な趣味だろう!!!ギャー!!!!ヘ〇〇イ!!!
    そうして、ただ単に発生時にタンパク合成したり解剖学的産道を通ったりした時点における現場という地球面上のたんなる一地点を、故郷だのふるさとだの言って、特別なものと感じて後生大事にするのである!!!「畳の上で」死にたいんだとさ!!!!なんと異常な趣味だろう!!!!
    通報しようぜ!!!!(※個人の感想です。 )

     

    【特典生写真付き】ここにいたこと(初回限定盤)(DVD付)

    ここにいたこと

    • AKB48
    • 発売日: 2011/06/08
    • メディア: CD

 

  • こうして、迷信に凝り固まった私たちは、やがては、誕生日などというただの数字にすら、特別な何かを見て、特別な信仰を抱くのでございます、よいしょ!!!アメ公だけじゃありません。ただの雨風に「カトリーナ」wwwなどと名前を付けれる、擬人化とアニミズム絶頂期に生きている太平洋の向こう側の国民だけではなく、列島民が、いやいや全大陸の全人類が、ゆうたらカトリーナ病なのである。

    ※個人の感想です。

    そうなのである、Wednesdayだの週に名前を付けれるような哀れなアニミズム人に対して、週なんぞは合理的にも数字で呼び倒し(中国語)、台風など数字を当てがっとけば十分という冷静な国民(日本語)だからといって、ウェッドゥネスデイィ国民に合理的心性に於いて勝ちを納めているわけではない。何月何日に何があったかと、ただの数字ごときにいちいち意味を込めれるような真性キ〇ガイだって、いやこやつらこそ、立派な信心を示している。
    だから、つまり、実に全人類が、焚火の回りで踊り狂う原始人なのである。どこかの島にそういう人たちが居るのでも、文明社会以前にそういう人たちが居たのでもなく、我々服着て服脱いでる文明人こそが、立派なゲンシ人なのである。
    お前は、ヤバン人です。私も、あいつも、みんな。そのアニミズムは、物に対するどころではない。数字だ!!!これ以上ない抽象的なもの、それ自体に「意味」は存在しないものの最々々々たるもの、こんなものにまで1個1個丹念に本質を込めれるのである。「大安吉日」wwww「記念日」www「不惑」wwww「厄年」wwwwwwww

    …… 動物にも嗤われる認知エラーであろう。

    ※個人の感想です。

  • ええ加減、笑ってるおのれを鏡で見よう。そうだな、たわいもなくボールを咥えている犬は稚児のごときだのう。そんなもんが大事なんだな~。取り上げたり別物に交換したりしたら 機嫌悪くするもんな。まあまあそこには、ワンコなりの本質が宿ってるわけだし(笑)。
    ……… あのな、おみやげ」などというものを買うお前だって同じだろうが!!!!!

次回の記事に続く

※個人の感想です。※個人の感想です。※個人の感想です。
※個人の感想です。※個人の感想です。※個人の感想です。
※個人の感想です。※個人の感想です。※個人の感想です。
※個人の感想です。※個人の感想です。※個人の感想です。
※個人の感想です。※個人の感想です。※個人の感想です。
※個人の感想です。※個人の感想です。※個人の感想です。

↑ お祓い(お清め)、または魔除け