地上最強のブログ

しばいてくぞ

シリーズ欧文訓読の歴史 (2)

 

前回の記事から 

さて我々は、前回の記事で予備的に予示された諸問題の地平を貝間見たことによって、さしあたって(「さしあた」らなければならない!峻厳な副詞„zuerst“を副詞愚直訳思考によって「いちおう」「とりあえず」などと訳すことは許されない!)、李白や徒歩にも比すべきフィヒテによる自俺と非俺の調和せる、耐えなる調べを観ぜよう。

不協和音

不協和音

  • 欅坂46
  • 発売日: 2017/07/19
  • メディア: MP3 ダウンロード

Dochロガ aberナガラ istスル es nunmehr, alsトシテ Ich, da, – es verstehtデアリ sichカラ fürニトッテ einen möglichen Beobachter; undシテ hier gehtッテイル denn die Grenze, wo das Ich三– alsトシテレ– lebendigesノアルモノ sich unterscheidetサレ vomカラ leblosenノナイ乙– Körper, in welchem allerdingsナガラ auch ein Trieb seynスルコトガ kann. – Es istテイル etwas下– da, fürシテ welches下– etwas da seyn könneトイウ, ohnerachtet es fürニハ sich selbst noch nichtナイ da istシテイ. Aber fürシテハ dasselbe ist nothwendig da eine丙– innere treibende Kraft, welche aber, da gar kein Bewusstseyn des Ich, mithin auch keine Beziehung darauf möglich ist, bloss gefühlt wirdレル.こっから引用しとるからな

ところがしかしながら今や自我は自我として現有する(それは、1人の可能的な考察者〔←って何やねんボケ、書いてておかしい思わんのか〕にとって自ずから自明であり、そして、実際ここに、その中に或る衝動も存在することがしかしながらできる生のない身体から自我が生のあるものとして区別される境界が行っている。)それが対自的にはまだ現有していないにも関わらずそれに対して何かが現有することができるという何かが現有している。しかしながらこのものに対しては必然的にそこに、しかしながら、自我の意識は、ゆえに意識への関係も全然不可能であるから、単に感じられる所の1つの内的な駆り立てる力がある。

全学学初歩

 

ここで我々は我々の方法   論   が没落する有様を目に食いしばらなければならない。我々は我々の悟性的演繹の限界に於いて、返り点の体系が維持されえない彼岸の岸辺に横たえているであろう。いずれにせよ、今上掲した章文のごとくは、すべてが間違い尽くした気持ちが悪くて仕方のない翻訳日本語であるが、そうは言いつつも、我々は、「嘔吐」とか「吐き気」とか文学がホザきながら実際に吐くわけでも何でもないことを起想しつつ、だるなってきたんでもうここr次に、我々 広告 皇国民が先験的決意性において前触れ的に先取された、現存在の時塾を決意付ける日本語(?)を、レッシングに於いて探しに行ってみよう。

Wennナラ es下– wahr istアル, daßトイウコト das Schreien beiテノ Empfindung körperlichen Schmerzes, besonders nach der alten griechischen Denkungsart, gar wohlラク mitッテ einer großen Seele bestehenスルコトガ kann: so kannキナイ der Ausdruck einer solchen Seele die Ursache下– nichtガデ seinアルコト, warum dem ohngeachtetラズ der Künstler in seinem Marmor dieses Schreien nichtイノカノ nachahmenスル wollen; sondern esナイ mußチガイ einen乙– andern Grund habenアルニ, warum er hier von seinem Nebenbuhler, dem Dichterデアル, abgehetレル, der dieses Geschrei mitッテ bestem Vorsatze ausdrücket.こっから引用しとるからな

身体の痛苦の知覚に際しての叫びは、イ良い日ン マ とりわけ古いギリシャの思考種類によると、イ良い日ン マ とても恐らく1つの偉大な魂を伴って存在することができるということが真であるならば、アググン このような魂の表現は、それにもかかわらず、山の奥 なぜ芸術家は彼の大理石の中でこの叫びを模倣するつもりがないのか 山の奥 の原因であることができない。アググン 彼はここで、この叫びを最良の意図を伴って表現する詩人である彼の間男から離れる1つの他の根拠があるにちがいない。

助六

我々は我々に託されたこのようなイセンスドス デ日本語を 考察する おちょくり倒す継続してゆく続行性のゆえに、我々は生まず玉ゆず前進を心みるをしなければならない。しかしあんまこんな記事にしていると ヒンシュクを買うから ページが重たなってきよるから(もう現時点でCSSたいがいイガんどんねん)、一旦はここまでにすることにする。

そしてヘルダーリンである。世の無量大数の熱烈アホたちを歓喜させて来たヘルダーリン犬ぞりから『ハイパーいってる῾Υπερίων〕』を公刊して後、ロッテとの熱愛の末に拳銃自殺を遂げてから、5大陸をヨットで登頂し、アメリカ大陸を発掘したヘルダーリン、さらに拳銃で自殺した後には、夜店で金魚すくいをリンゴ飴で射的していたヘルダーリン、毎朝3時に石油と兎でうがいしていたヘルダーリン、拳銃で頭を撃ち抜いた翌年、ロシア革命を成功に導きつつ硫黄島プレデターと決戦したヘルダーリン、拳銃自殺の後にも、4月になると競馬新聞を買い漁っていたヘルダーリン、再生回数8000万年を記録したヘルダーリン、小学校に侵入して針金からセロテープを作ろうとしたヘルダーリン、1晩で7,00万個のラズベリーパイを組み立てたヘルダーリン、203年にThreadripperの予言を登場していたヘルダーリン、それから拳銃で自殺してしまい、天下第一で八つ橋を注文したとの理由で国会に逮捕されたヘルダーリン、桃から生まれて竹に還ったヘルダーリン、CIAの面接に74回落選したヘルダーリン関西電力と皇室と教室の株をすべて売却したヘルダーリン、拳銃で自殺しながら、月面から千早赤阪村まで歩いて通っていたヘルダーリン、新幹線とハンムラビ法典を発明した角でノーベル賞に起訴されたヘルダーリン西行空海に株式上場を持ちかけたヘルダーリン、拳銃で自殺してから後にはコピーか切り取りかで迷っているヘルダーリン、真空を真空で切断することに成功したヘルダーリン、独自の方法でニュートリノを解釈していたヘルダーリン始皇帝カルボナーラを作らせて噴水のアルバイトに応募したヘルダーリン、夜店の金魚をスーファミのYボタンで集めようとしたヘルダーリン、いつも校門の所で梅干し職人と待ち合わせしていたヘルダーリン、毛糸の毛布を編んで大西洋をイカダで遭難したヘルダーリン、拳銃自殺に成功してから、周恩来シュルレアリスムを教わってアカデミー賞に立候補されたヘルダーリン、彼の書きこみによって、我々は、不断の緊張にさらさされられるだろう。々我は、ヘロイン常用者とヘルダーリン愛好者とを識別するいかなる有効な手段も持たない。

それでは効いて見よう。ヘルダーリン作曲で、

長く死体でそして深く閉鎖していて
筆者の心臓が美しい世間に挨拶します
彼のツヴァイクたちは咲くそして出る
新しく生物力によって膨張させられて
おー筆者は生物の中ににまだ向かう
どのようにして空気と光の中へとから
筆者の花たちのハッピーな努力は
かさかさした豆さやから折れます。

お富さん

Lange tot und tiefverschlossen,
Grüßtスル mein Herz dieニ– schöne Welt,
Seine Zweige blühn und sprossen,
Neu vonヨッテ Lebenskraft geschwelltラレテ;
O! ich kehre noch ins Leben,
Wieシテ heraus inヘト Luft und Licht
Meiner Blumenタチ selig Streben
Ausカラ二– der dürrenシタlse brichtマス.

こっから引用しとるさかいな

その青年の酒飲みが
全部で上しながら伊豆からから
神聖などぶろくを伴って仮眠から人々たちを起こしながら来た時に、
四万十川の浜は友達たち神の優勝をヒアリングした。

作者の仕事

Des Ganges丁– Ufer hörtenシタ des Freudengotts
Triumph, als alleroberndガラニ– vom Indus herカラ
Der junge Bacchus kam, mitッテ heilgem
Weine vom Schlafe die Völker weckendガラ.

こっから引用しとるさかいな

このアルカイオス詩節(Alkäische Strophe)に於いて、ヘルダーリンによる凡神論によって返り点の体系がもはや維持されさせられ得なくなるという悲の劇を告白しなければならない。もはやふたたび、返り点には二重(?)交差が不可能であることをここに証されたであろう。こうして以てhiermit、単なる訓読の限界内における返り点の続行不可能性の必然性を認識性するのである。しかしながら、交差を能うる限り之回避するならば、もはやふたたび、必然性を伴って、訓読の本質が輝き出でるのである出光。

Froh kehrt der Schiffer heim an2– den stillenッタ Strom,
Von Inseln fernherカラ, wenn er geerntet hatッタ;
So kämダロウニ auch ich zur Heimat, hättッタラ ich
Güter so viele, wie Leid, geerntet.

こっから引用しとるさかいな

愉快に船乗りは黙った流れに
島たちから遠くから帰宅します、彼は刈った時に。
そのように筆者も、私は貯蓄のそれほどたくさんを悲しみのように
刈ったら実家に来るだろうに。

実家

 

Du stiller Aether! immer bewahrstスル du schön
Die Seele mir im Schmerz, und es adeltニナル sich
Zur Tapferkeit vor deinen Strahlen,
Helios! oft die2– empörte Brust mir.

こっから引用しとるさかいな

おたく無音のエーテル、あんたはいつもきれいに
筆者の霊魂を痛いのなかで保存する、そしてそれは
あんたの放射の前で気丈夫へと関白化する
ヘリオス、筆者の逆らわれたバストがしばしば。

神たち

  

Wenn der Dichter einmal des Geistes mächtig ist, wenn er die3– gemeinschaftliche Seele, die allem gemein und jedemニモ eigen ist, gefühlt und sich zugeeignet, sie festgehalten, sich ihrer versichert hat, wenn er ferner der freien Bewegung, des右– harmonischen Wechsels und Fortstrebens, worin der Geist sich in sich selber und in anderen zu reproduzieren geneigt ist, wenn er des schönen im Ideale des2– Geistes vorgezeichneten Progresses und seiner poetischen Folgerungsweise gewiß ist, […]

こっから引用しとるさかいな

作者は一度マインドに力があれば、彼は皆さんに同じで誰にも特殊である所の共同体の人魂を感じて自分にマッチさせて彼女を固定して彼女を確信したら、彼はさらにフリーの運動、その中にマインドが自分を自分本人の中でと他のの中で再生産するのに合っているハーモニーの交代と前努力と、彼は前描写された進歩のマインドの理想の中の美しい何かと彼の作者の推論旋律を確かとすると、〔後略〕

上からマリコ

次回の記事に続く

 

ハッピーオーラ

ハッピーオーラ

  • けやき坂46
  • 発売日:2018/8/15
  • メディア: MP3 ダウンロード