地上最強のブログ

しばいてくぞ

完了にはalsを付けましょう

少年よ 嘘をつけ!  (初回盤B)

少年よ 嘘をつけ! (初回盤B)

 

僻妊にはコン卜¨ームを付けましょうと言うのも直截だから、否認にはÜberzieherを付けましy…つまり覆いを被せましょうと言いましょう。色々かぶっとるな。

 

この記事の中にある文

Wenn wir alles Nothwendige in unserer jetzigen Denkweise feststellen, so haben wir nichts für das „Wahre an sich“ bewiesen, […]

だが、主文(完了文(的))と副文で「時制が」「一致していない」ように見える。

主文側にalsを付けてみよう:

  • so haben wir nichts als für das „Wahre an sich“ bewiesen
    ~ト証明シタモノトシテ持ッテイルワケデハナク・証明完了ッテワケジャナク

(ちなみにこの「das Wahre an sich」というのはdas Wahre an dem Wahrenということだ。真ノ中デ真、真ダカラ真ナノ。das Wahre für sichならdas Wahre für das Wahre、真カラ離レタ真、真デモナクナッテイル真。今度「即自」「対自」ってゆったら シバキな。)

この主文は「完了文」ではないのだろうか、あるのだろうか。「完了」相ではないのだろうか。完了の「形」だと考えていいのだろうか。そもそも「完了」なのだろうか。そもそも「完了」とは何なのだろうか

と言うか、ふつうの完了文でも、alsを付けてもいい:

[…], hätte man Uns die erbaulichsten Gedanken vorlegen können, […]

Max Stirner: Der Einzige und sein Eigentum

というのだって、[hätte …… als vorlegen können]だと考えてもいい。~ヲ吹キコムコトガデキタモノトシテ持ッテイル

[…], wie sie seit beinahe zweitausend Jahren ungläubig und erkenntnislos davor stehen geblieben sind.

Max Stirner: Der Einzige und sein Eigentum

というのにしても、[…… als stehen geblieben sind]と考えていもいい。~ノママデイタモノトシテ有ル

むしろ、そも完了文とはalsが付いていない不足文なのかもしれない。

一方、alsを余計に付けている過足文が有る。

[…]; der Begriff ist als eine Seele, die noch nicht seelenvoll ist.

Hegel, G. W. F.: Wissenschaft der Logik

[…]; sie ist noch nicht als seine eigene, aus ihm hervorgegangene Bestimmung; […]

Hegel, G. W. F.: Wissenschaft der Logik

[…], daß ihm selbst jener Standpunkt nur als Resultat philosophischen Wissens wird, […]

Hegel, G. W. F.: Enzyklopädie

[…], indem […] die Bestimmtheit als ein freies Sein des ganzen Begriffes ist.

Hegel, G. W. F.: Enzyklopädie

[…], daß sie als eine durch jenen bestimmte Welt sei, […]

Hegel, G. W. F.: Enzyklopädie

[…], und das Negative ist als Bestimmtheit eines jeden für das andere und an sich das sich selbst aufhebende.

Hegel, G. W. F.: Phänomenologie

といった、【~トシテ有ル〔ヨウニナル〕】文、勿論本当はalsを余計に付けているわけではない。

[…]; die Offenbarung des Scheins der Kausalität, worin die Ursache als Ursache ist, daß er Schein ist.

Hegel, G. W. F.: Wissenschaft der Logik

 

(因果などということで原因というものが勘違いされている。因果、こいつの正体を言っておくと、存在しないということである。)

100メートルコンビニ

100メートルコンビニ

AKB48

  • 発売日: 2013/12/11
  • メディア: MP3 ダウンロード

Offenbarungに係るdass副文ではalsを使っていない。それはそうで、「存在しない(Schein ist)」と端的に言いたいからだ。主語が述語だ。一方worin副文では使っている;ここでは、「本来の原因というものはお前らの思ってる原因というのとは違うからなボケ」と言っている。主語が述語でない。且つ、である。そういうことを表現するのが【alssein】文。意味があってalsを付けている。

ゆっとくがこれがヘーゲルの文章というものである。この人を日本語でしか読めん(または読んでもないのに読んでるふりだけしてる)者が一生知れないことだ、思い知れ。亀頭スれ。

(ちなみにこの人のals用法にはこういう:

[…] wurde das abstrakte Sein dargestellt als übergehend in das Dasein, […]

Hegel, G. W. F.: Wissenschaft der Logik

独特な型が多い。[als in das Dasein Übergehendes]とでも言ってくれたら座りがいいのだが、このいかにも落ち着かない表現をしたがる。)

さて、こんな余計(且つ非余計)なals添加が有るのだから、完了文に余計(且つ非余計)なals添加をしてもおかしくもなくなくない気がしてくるだろう。

次回の記事に続く