地上最強のブログ

しばいてくぞ

独検1級受けてみた記 ①

僕たちは 今 話し合うべきなんだ 

僕たちは 今 話し合うべきなんだ

AKB48

  • 発売日: 2013/12/11
  • メディア: MP3 ダウンロード

 

自分ぐらいドイツ語ができるならとっとと証明したらいいことなのだが、ここ10年以上なぜか検定試験のことを思い付かないでいた。

(というか、ちゃんと正確なことを言うと、2019年以前にも 受けようと思い付いてはいたのだが、手でものを書くという原始野蛮人の風習と手を切って長年、シャーペンなどとっくに全部捨てていたところであり、筆記具が無いものだからもーええわという気になっていた。今回の筆記は、どっかで拾った鉛筆で受けている。ちなみに独検1級の筆記なら(聞き取りも含めて)鉛筆1本で足りるしほとんど減らない。拾った鉛筆で受験しよう。)

とりあえず ドイツ語技能検定試験(財団法人ドイツ語学文学振興会が実施)の1級。1級以外用ない。去年2020年9月に手持ちのスマホから申し込み:

f:id:kakaist:20210116090126j:plain

独検の1級ごときだと、ヨーロッパ言語共通参照枠の「C1」にすぎない。自分なら C2どころか、文献読解ならC3C4CSSSレベルネイティブよりよりずっと上レベルだから、後にC2の検定にも思い至るのだが、まあとりあえずは、クソの独検

さて、11月16日に受験票が郵送されてくる。

f:id:kakaist:20210116091907j:plain
ダウロードでええわボケ!!!紙というものを廃止しろ!!!!

では12月6日の筆記試験日だが、もちろん対策や予習は一切まったくしていない。ドイツ語というなら、普段は、普段どおり、Kindle本を主に文章を眼光紙背の陰圭恥垢でぼちぼち読んでたというだけのもの。参考書は、低レベルどもが使ってるのとはレベルが違う逸品たち

当日撮ったもの:

f:id:kakaist:20210116091950j:plain f:id:kakaist:20210116091938j:plain f:id:kakaist:20210116091942j:plain f:id:kakaist:20210116091945j:plain

対策ゼロが裏目に出た点は1点のみ、時間が足りなくなることが想定外だった

問題内容は、ググればブログが出るから見たらいい。どいつにもこいつにも高度な内容らしいが、自分には呆れるほど簡単だった。ただ、呆れるほど量がムヤミに多く、時間が足りなくなる、大設問まるまる1問解けず。それは対話文章の問題で、コミュの空気読めない自分は対話穴埋めは必ず間違うから、取り組めていてもどうせ失点していただろう。

あと、大設問1のコトワザを問う問題も解けるわけがない。全問合う者など居なかろうし、問題に意義がない。コトワザなんて知っていてもカスの役にも立たない。アホが思いついたトリビア問題だ。

それと、聞き取りは当然ほとんどできん。YouTubeなんぼでも聞けるが、映画同様、長年観ているが皆目英語が聞き取れるようにはならない洋画同様、聞いても聞いてもなかなか聞き取れるようにならん。そこらへんは、ここでアフィ貼ってる本とかで事情は知ってる。意識的に方法論もって聞き取らんといかんのだろう。ただ、とにもかくにも超長時間聞き続けているといつしか完全に聴き取れるようになるとも言う。300時間以上聞いて講義もすべて聞き取れるようになったと言う人が自分で言っていた話だ。長年それを信じている。

とにかく、以上のような感じで試験を受けたら、65点ギリギリ合格:

f:id:kakaist:20210117125803j:plain iPhone 12 Pro Max Apple ProRAWで撮影

↑ 準備ゼロで独検1級筆記受けたらこうなる

点数と言えば、成績優秀者の表彰というのがあるから、1個下のレベルとの併願、自分なら準1級との併願(現時点2021年1月で2,0350円)で受けて、表彰を狙うのもいいかもしれん。履歴書の表彰歴を稼げることになる、俺にはカンケーない話だが。

じゃ 1月24日の2次試験見てこか。

次回の記事に続く

 

カズン

カズン

渡辺麻友

  • 発売日: 2014/04/01
  • メディア: MP3 ダウンロード