地上最強のブログ

しばいてくぞ

そして、ネガティブは、お互いのためのお互いの確定性として、そしてそれ自体で自己キャンセル

 

前回の記事から

いずれにせよ、alsを付けてみたら、完了文なのかなのでないのか分からん完了様文も解決できるかもしれない。

独和大辞典コンパクト版 〔第2版〕

独和大辞典コンパクト版 〔第2版〕

  • 作者: 国松孝二
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1999/11/01

の「haben」の項のI・5・b)(2011年版の1006頁)、

  • Wir haben den Laden heute bis 8 Uhr geöffnet
  • Er hat seinen Namen in Marmor gemeißelt

という文、「意味は」「現在」だが「形は」「完了」というものである。alsを付けてみよう:[haben …… als bis 8 Uhr geöffnet]8時マデ開ケラレテイルモノトシテ持ッテイル、[hat …… als in Marmor gemeißelt]大理石ニ彫ラレタモノトシテ持ッテイル。

こうすると、困難な文でもないようになる。

似たようなケース、bekommen-Passiv(Rezipientenpassiv, Benefizientenpassiv, Dativpassiv)というのも解決するかもしれない。この受動文の助動詞には、bekommenの他にerhaltenとkriegenと、さらにhabenも使うと

Der Duden in 12 Banden: 4 - Die Grammatik

Der Duden in 12 Banden: 4 - Die Grammatik

  • 出版社/メーカー: Bibliographisches Institut & FA Brockhaus AG
  • 発売日: 2016/08/01

の第809項(564頁)に書いてある。

Ich wusste, dass er im Theater war mit der Mutter, aber ich konnte es nicht oft genug bestätigt haben.〔たまにしか教えてもらえませんでした〕

を[…… als bestätigt haben]言ワレタモノトシテ持ッテイルと考えると分かりやすいかもしれない。もちろん他の助動詞でも:

Er kriegte gehörig den Kopf gewaschen.

[kriegte …… als gewaschen]洗ワレタモノトシテ貰ウ。

なおこの「受動」文は他動詞文の3格を自動詞文の主語にするためもの(Man wusch ihm den Kopf)であって、上掲大理石表札文はこれの1つと看做せる(元の文が[Man meißelt ihm den Namen in Marmor]だとして)が、8時閉店文は さにあらず。元の文が[Man öffnet uns den Laden heute bis 8 Uhr]であるはずがないからだ。こうだとすると開店者がwirでなくなってしまう。

まだある。

Hammer's German Grammar and Usage (Routledge Reference Grammars)

Hammer's German Grammar and Usage (Routledge Reference Grammars)

  • 作者: Professor Martin Durrell
  • 出版社/メーカー: Routledge
  • 発売日: 2011/05/27

の14.3.5のb)(291頁)、定義の完了文を挙げている(明確に「perfect tense」と言っている)。

Ein Unghick ist schnell geschehen

Ein Akademiker hat studiert

というのは、事故トハ~モノデアル・大学ハ~スルトコロデアルという定義を下す文であって、ソンナ事故ガアッタ・ソンナ大学生ガイタと述べているのではない。

Textures of Time (Studia Grammatica)

Textures of Time (Studia Grammatica)

  • 作者:Rathert, Monika
  • 発売日: 2004/12/15
  • メディア: ハードカバー

の24~26頁などが詳細に解説している。

  • Ein Unghick ist schnell (bzw. leicht) geschehen

こういった副詞が効いて「a disaster happens easily」という定義文になることが出来る。違う副詞だとなれない(とすると、「Ein Akademiker hat studiert」はどうなるのか)。

Ein Kind hat man in der Studienzeit schnell abgetrieben

というのもアリ(「in your student days, you abort a child easily」)。

相当に理解しがたい完了形文だが、やはりalsを付けて無理やり理解してみよう。

  • Ein Unghick ist als schnell geschehen
  • Ein Akademiker hat als studiert
  • Ein Kind hat man in der Studienzeit als schnell abgetrieben

1つの事故は速いとして起きましたist。
1つのアカデミー人は研究されたとして持ちます。
1つの子ども人はそれの研究時間に速いとしてアボートしました

うむ完璧だ。

(ちなみに「die Offenbarung des Scheins der Kausalität, worin die Ursache als Ursache ist, daß er Schein ist」のほうは「原因としての原因がそれが見かけであるという因果関係の見かけの暴露」だ。AI翻訳も急速に向上していっているようだ。)

f:id:kakaist:20200724162238j:plain