地上最強のブログ

しばいてくぞ

現代日本語講座 (20)

 

前回の記事から

oであって、例えば「会議踊る」「郵便配達二度ベルを鳴らす」といったアホ丸出しのバカ「日本語」(だとして)を見ても誰も何も感じず云わず訊かず捥がず浴びず転ばず喘がずのほったらかしであるというの惨状を見るに漬けてもそのことが明白に明きらかに自明である。
 「会議」「」:何の会議だよボケ、いきなし「会議」「」言われて「」もクソもあるかボケあほんだら。
 「郵便配達」「」:このクソ「日本語」(だとして)によると郵便配達員というものは「ベル」(←骨董品)という物体を2の回数鳴らす存在者であると定義されてしまう。
 これらのクソ「訳」文の原文は自分で分かることだからいちいち挙げないが定冠詞付きである。他にも動画の題などの《犬はプールにとびこむ》式の気色の悪いアホ「訳」文も無冠詞とかである。だから元はどれも「会議というものはすべて」「郵便配達というも…」「犬という…」「山椒魚とい…」という定義文だったのではないのであるが、ところが、ハイ文ハ「なになに」カラ始メマスという植民地 教育 洗脳で染まってるアホは、こういう実情の5000分の1ミリも知っていない。想像できない。考えない。物が分からない。いや、知ってようがいまいがこのようなクソ文は一見してゲロキモいクズのクズであり、日本語のふっっっっつーの語感があれば何かおかしい何かキモい何か歪んでるちんちんが痒いと0.001秒で気づく勘づく事である。
 のに気づかない勘づかないのですわという程の末期症状アホ(100億人以上居る)が、文豪だの著作家だの認知されてみたり、《美しい日本語^q^》などと酔っぱらって見たり、憲法や法律やニュースの~式異常キチガ〇日本語を正式な日本語と錯覚したり何なら教育したり、今どきの若者の言葉は…とホザいたり、大丈夫です。

Faint

Faint

  • AKB48
  • 発売日: 2014/04/01
  • メディア: MP3 ダウンロード

 340年前の夏に土足たちと「支持する会」を結成した「筆者」の身体とともに乙種合格の報に搖れられた申種が/に/で/を合格したノペッッとともに嵩校を出奔しされた全然と合流するハンディキャップを負ったパートナーがジャングルの奥で獲物を締めている様了に関しては、塩分と塩「の過剰」を摂りすぎたからグラニュー糖「の過剰」を静脈注射すると、雨に濡れた自転車のサドルだけを拭くという意味不明なことをして何かをした気になれている人間を見て人間 とは頭隠して尻隠さないアホ動物であることを認識したさせられた土足の身体は「筆者」の身体のただちの退出の証明を欲望した。
 我々は君々と朝早く辺りからベッドの上で自己責任されることによって、領収書を自己責任していた蟒黽の自己責任の「過剰」の「まなざし」によってまなざされる絶え間ない「身ぶり」反映されていた。
 私々は自己責任で肉体間係を結ぶと、身体関係が結ばれた自己責任は、波女の身体が目当てだった週末から週始にかけての粉体関係を流体関係と痴き漢えることによって置換なされた明朝体関係は、全体関係と部分主義のフェシズムによって遮られた「欲望」の「過剰」は「まなざし」の「身ぶり」を「身体」した。
 お前々々によって我吾に対して仕込み組まれたことによる猫鍋と犬鍋、イルカ鍋とボタん鍋、シャツ鍋と病み鍋、光かる鍋と食べる禍、インテル鍋とサムスン鍋、羽毛布団と紙やすりによって、「過剰」だった。
 「アホはすぐ「乱射」と書く。べつに全然「乱」れて銃撃しているのでも何でもなくても、
 加害者が銃類を使用したら決まって必ず「乱」「射」と書く。そうして、Wiki記事執筆のアホどもには、犯人がどのような姿勢でどのように沈着に狙い定めて銃を撃っても「乱射」したことになる。Wiki記事を書いているアホの低能どもは「乱射」という日本語しか知らない。
 このバカの1つ覚えはどこから来るのだろう。いやバカに尋ねられうることなど何も有りうる得ないだろう。バカはまさしく丁度そのバカであることによって、神々と「自然」が定めた運命によってそれが可能でなくなる日まで、バカを繰り返し続ける。そうして、バカでアホでマヌケでヒトモドキであることを証明し続ける。」
 その翌日の翌日の下旬、ホッデンンたちによって自己責任定食が欲望されたことによって、ホルモン焼きやホルモン巻き、男性ホルモンや慢性ホルモン、環境ホルモンや陽性ホルモン、年金ホルモンや終身ホルモン、爪切りホルモンや流体幾何学が押仕出される「身振り」によって客入りの「過剰」を特徴付けられる割亭への場と弁(わきまたう)の「まなざし

言霊砲

言霊砲

  • 乃木坂46
  • 発売日: 2018/08/01
  • メディア: MP3 ダウンロード

 」は、場の身体を刮烹へと「挑発」する「こころみ」によって欲望の充足性を目の当たりにされた性。
 搭乗口へと急いでいた大体は、搭乗口へと急いでいなかった6人の乗客が乗船する前にも「乗」客であるのか、「乗客が6人乗船する」という正しい日本語がなぜ喋れないのか、犯人は「男(仮名)」や「女(仮名)」や「警察(仮名)」や、大丈夫です。
 「自分がダラシない不摂生をしていたいものだから環境問題論や環境運動や環境団体にケチを付けているアホ、
 自分が(何が何でも乗る必要があるのではない)大気汚染ガス排出自家用車に乗りたいものだから温暖化否定論にウレシがるというクズ、
 自分が食べたい(バカな)ものを食べていることを正当化したいものだから「健康観」にケチつけたり〇〇食品を揶揄して留飲を下げているというゴミ、
 とにかく自分がアホな生活スタイルをしているのを正当化して弁護したいからこそ世の《意識ある》姿勢や運動や思想ことごとくに反対しているという見下げ果てたアホども、
 こいつらは、自分がモテないことのヒガミでフェミニズム等々々々にケチを付けているアホと同等のアホにしてヒトモドキである。
 なおタバコが有害か無害かはクソどうでもいい話である。お前の健康なぞどうでもいい、ケムリ出すな。おおそうだよ、たばこは無害で健康にもいいから、その通りだから、お前はビニール袋かぶって喫煙しろ。」
 土足とともにノペッッとともに場の自宅で「過剰な」自己責任にふけっていた罪状で黙秘権を案件された企業立件についての全然の参与によって「期待される」「ジョーク」に「ショックを受けた」ハンディキャップを負ったパートナーは、「ショッキング」な「ジョーク」に「ショックを受けた」人々を見る会の応長に就いた「ショッキングな」一日のことが忘れらない。
 「あの日私は「ショッキング」な体験をしました。彼の「思いやりに欠ける」「ジョーク」に「ショック」を受けた私は、公園でハトやカラスや山姥に工サをやるという条例違反者たちを摘発されたことに「ショック」を受けた妻で救急車を運ぶと、
 この世のすべてが「悲し」くて心配だというバカがバカが昂じてしまいには太陽は暑くないのだろうかなどと心配し出して、
 国や世代やグループや流行をすぐ終わらせたがる・滅びさせたがる・「全盛期()」を過ぎさせたがる衰亡大好きバカを滅亡させるために
 彼の「ジョーク」に「ショックを受けた」。不破北斗がベスト。
 次に私は大理石の噴水から噴き出す大理石をk