地上最強のブログ

しばいてくぞ

現代日本語講座(13)

 

前回の記事から

aれただろうその日のその夜の後の次の日の「1つの朝、1匹の非常に大きな甲虫は、不安にさせるいくつかの夢から目を覚ました時、自己を自己のベッドの内部で矢吹奈子に姿を変えているのを見出した。」
 「sich findenとは自己を見出すという意味なのです自己責任。何という哲学的な言語なのだろうかと思わざるをえないだねこれには私は喜びに打ち賑るえて尻尾をたたんでお店を丸めて

愛しさを丸めて (パチンコホール Ver.)(生写真3枚封入)

愛しさを丸めて

  • AKB48,チームサプライズ
  • 発売日: 2014/09/29
  • メディア: CD

しまう「過剰」である。私己を見出すのはmich findenと言って君達己を見出すのはeuch findenといって私々己を見出すのはuns findenと言って実に哲学的な言語である。だから哲学する「まなざし」が多いのである。日常で「君」や「あなた」とホザいているバカを「まなざし」てみたいものだな。そして三里に灸すゆるよりめでたく無事見出された自己はgefundenes Sichと言って完了分詞で哲学されてそして見出され中の自己はgesuchtes Sichと言って完了していない分詞でおならをこくのだねだあるよ自己責任。」
 「 」に入れてある通り1分の旺いもなくこのように喋ったと言われての無理もない昨日の3時002分に駅前の眼抜き通りに自己を見出した全然は、だった。
 「sich beeilenとは自己を急がさせるという自己責任です。自己を急がせさせることにおいて自己を急がさせさせる自己責任が末端漬任の可能的可憾性を模索する。sich überwindenにおいて自己自身を他己自身の末端的地平において自己を克服します。自己は克服される欠妙において克服されることを克服する。自己を克服することによって池者の他性が自己に直面へと現面してくるだろう。克服される自己によって克服する自己は大文字のIを大文字焼きの媛に調法するのである。自己は克服されることによって克服されることによる自己の克服されを突如経験する。自己は克服をされられることによってüberwindenの対象的象肉性は克服の黒服をいわば光の開けへとふたたび自閉するだろう。überwindenの絶え間ない意味の獲得と相貌において超然としていた対岸の岨間は蓋然性の律表を余剰へと指しまびらなければらない。überwindenにおいて克服される自己は自己自身の自己克服であることによって彼は中動態を胚胎せざるをえない。彼によって果敢に生存の内へともたらされたカカストローギッシュな栄明は薄明の暮溶を全鋲へと差し出すのである。再帰性の帰動態動詞がぬめまねく自己とは能動する能動でありつつ受動において自己を経験する最果ての帰途である。我々は最果てへの帰途を我々へと差し出しつつある差し出しつつへと対する自己責任からからくも差し出された「つつ」を予見することもできなかった。しかしながら予配的スケッチの指図する森配の漂渺選は「つつ」のまねびに於いて劣性の陽性を果てへと切り開く悉全をゲバインハイティッシュに下降するだろう。没落の彼方にかいま見られた前立するハーバ腺は、その執拗な下落への途中においてもなお自己-つつ-撥ぜ-藻くの自配性を塵昧へとへつ調しなければならなかった。我々は中動態であるsich setzenは中動態である我々によって自己を座らせることを詠みしなければならず、あの覇迷の前窮の悌慾を恣意によって嗣賠されたダーゲバイヒティヒな楊従において、受動しつつある能動を措定されるのである。」
 当時全然と大体とのある種の調和の上に自己を見出していたと言っていい「筆者」たちの関係の(関係がなにか物を「言」うわけではないのだが、dass節のthat説をquod筋から真似し続けていたら日本語は「こうなった」のである)上に成り立っていたと言っていいハンディキャップを負ったパートナーは切り立った岸壁で岩塩を舐めるを止めて、キーボード上で大と尻を叩いて、
 損傷したのは部なのだが棺桶に片を「つっこん」だことになっている親戚一同を思い出して通りかかった
 昼食屋「素手喧嘩(ステゴロ)グルッペン」に入ると、推しな書きには、お品ら黙って「佐々木久美」、「つぐつぐ」(小熊倫実のこと)、松岡菜摘、藤原あずさ、菅原りこ、しかなしがら最愁的には歌田初夏、と書いてかれてあった。
 切り立った岸壁で岩塩を舐めるのを止めたハンディキャップを負ったパートナーは39年間に及ぶことはない1年間未満4秒以下の塹壕と自己責任を経て、格界からさまざまな批判は上奏されたが、

僕だけのSecret time/Team M

僕だけのSecret time/Team M

  • NMB48
  • 発売日: 2017/07/26
  • メディア: MP3 ダウンロード

全然は高卒を率業すると、ぼくの身体とノペッッに声を掛けて声以外のいろんなものも掛けて、「共同事業」をしようと自己責任た。「共同事業」とはどんなことをするのかは「ほとんど」何も分かっていなかった「筆者」たちの身体たちは「実業家」という意味不明な何かになるのは奨来の「まなざし」だった「筆者」たちの身体たちは
 8月27分に「(株)素手喧嘩(ステゴロ)」を成立して駅前のコウモリ畑や駅後の喫茶店に入ったぼくたちの身体たちによって《夏休みの思い出》とかいう欺瞞がダベられている現況について語られて席に着いたぼくたちの身体によって缶コーヒーというドブにも劣る「飲料」が注文された。
 「小学校の夏休みが楽しいわけがない。子供には世界は未知で自分は無力で人生は苦痛に過ぎない。自分は
 幼児期というおよそ苦痛しか存在しない冥獄界をどうにか終えると、
 小学校という正真正銘の拷問生活を悠久の時をかけて耐え忍び、
 中学校といういつ終わるとも知れない禁固刑を堪えに堪えて暮らし、
 高校というどんな懲役をも超えた生き地獄でのお勤めを果たして、
 大学でやっと少々自由を知ったものの相変わらず極めて不自由な世間知らずの子供にすぎず
 その後の社会人人生で人生とは自由なのだとか世界とはこんな風になっとるのだとかといったことをどんどん知っていってどんどん人生を謳歌できるようになっていきどんどん空気が美味しくなっていき
 中年に入って、今よりもこれ以上もっともっと自由になっていって・もっともっと世間のからくりを裏の裏まで知っていって・さらに一段とすべてのすべてを見抜いていって・さらにさらにさらに恐いものが何もなくなっていって、と、さらなる充実が待っているだけであり、
 齢を重ねるのは何かを失っていくことでは全然まったく無く、子供の時が幸福な時なのでは断じてまったくなく、年を取れば取るほどひたすらすべてが「良()」くなっていくという法則しか存在しない。
 子供の頃はよかったとか子供に還りたいとかいった悪質な嘘デタラメを喧伝吹聴して俺に吹き込んできた人間のクズどもは、おそらく自分自身の実感にも大嘘を付いている。」
 当時「しばり首」や「骨折って」や「汗水流して」(←冬でもか?)といった意味不明な身体表現を殲滅する「事業」を手がけていたノペッッの身体と全然の身体と大体の身体は、
 山小屋で遭難して真っ暗な中で5人で4人のモ

次回の記事に続く

 

Whatcha Gonna Do

Whatcha Gonna Do

  • NGT48
  • 発売日: 2018/04/10
  • メディア: MP3 ダウンロード