地上最強のブログ

しばいてくぞ

weil? denn? da? ja! doch… (2)

前回の記事から

 

これらにnämlichなりsintemal (und alldieweil)なりを加えてさらにweil / denn二択お題目の無知たちをおちょくっていても仕方がない。これら以外にもまだまだ有る。理由を表現するための言語戦略が様々有るという話をしていなけれならない。例で見ると:

ゆらりゆらり揺れてたから君の声が夕焼けに吸い込まれてしまいそうだ

  1. ihre Stimme droht aufzugehen im Abend, weil sie nur so schaukelt
  2. ihre Stimme droht aufzugehen im Abend, denn wir nur so schaukeln

daと着色詞も例で見ると

この瞬間を無駄にはしない人生あっという間だ

  1. die Welt gehöre mir jetzt, da das Leben halt kurz ist
  2. die Welt gehöre mir jetzt, das Leben ist ja halt (halt doch) kurz
ジコチューで行こう! (通常盤)

ジコチューで行こう! (通常盤)

weil副文が前文に内的に係る。揺レテルトイウ理由デ声ガ…。denn以下が話し手の発言理由、dennはメタ発言。吸イ込マレソウ、ソレハダッテ僕ラコウシテ…。da副文が聞き手との既知共有。皆知ッテルヨウニ人生ナンテノハ…。

終わり。

なはずが論者たち分析する掻き回す。不変化詞の両項に関して

詳解ドイツ大文法 POD版

詳解ドイツ大文法 POD版

  • 作者:橋本文夫
  • 出版社/メーカー: 三修社
  • 発売日: 2002/03/15
  •  
  • これの526頁が整理:
  1. A weil B : 聞き手にAが既知でBが未知
  2. A denn B : 聞き手にAもBも未知
  3. A da B : 聞き手にBが既知でAが未知

定義を増やしてくれたのであるが、なお立て込んだ事態に直面する。

 

次回の記事に続く